紫外線の量と日焼けの関係について

家の中にいながら日焼けをする理由は、紫外線の一つである紫外線A波が、窓ガラス等を通り抜ける光線だからです。

紫外線B波は、紫外線A波ほどの強烈さはありませんが、地球上にまで到達している紫外線なので、予防策が欠かせません。

5月から9月が、皮膚に影響を与える紫外線が多いシーズンであるとされています。

季節が本格的に夏になれば、紫外線予防に力を入れる人は多くなりますが、5月の段階ではまだまだ油断している人が多いでしょう。

5月になると温かい日が増えてきて、着る服も袖丈の短いものに替わりがちですので、ますます紫外線対策が必要です。

夏場は紫外線の量も増えますが、汗をかく量も増えます。

汗をかくと、日焼け止めクリームが流れてしまいかねないため、まめに汗を拭いたり、クリームをつけ直すことです。
lava ヨガ

日焼け止めクリームは、商品によって性能に違いがあります。

紫外線を遮る力が強いものは、SPF値の高い商品ですが、使いどころが大事になります。

日焼け止めクリームを使う時は、できればSPF値の低いものを用意して、数時間経過したら塗り直したほうが効果が高く、肌への負担も少なく済みます。

特に、鼻の頭や額など、常に紫外線の光にさらされている部分は、日焼けどめクリームを使う回数も増やすようにしましょう。

一日のうちで、紫外線が地面まで届いている量を考えると、10時~14時が最も多いと言われています。

日焼け防止のために紫外線対策をする場合には、年間を通して、常時行う必要があるのです。