美肌になるための洗顔方法

洗顔料をするときに、きちんと泡立てると、泡が皮膚の汚れを浮かせてくれます。

洗顔する時の肌に与える刺激をわずかでもおさえることができるので、毎日の洗顔をする際には気を付けて行いましょう。

顔の皮膚は刺激に弱いので、こすったり、摩擦を与えないようにして洗います。

熱すぎる湯も、冷たすぎる水も、皮膚にとってはよくありませんので、洗顔にはぬるま湯を使います。

お肌にこびりついてしまった皮脂汚れは、30℃くらいで溶けますので、洗顔をする時は摂氏30℃程度の湯を使うようにします。

洗顔に、熱い湯を使うと、皮膚を覆っている本来必要な油分までが、湯に溶け出してしまうことがあります。
アリシアクリニック 銀座エリア

お肌の水分が無闇に蒸発しないようにしたり、乾燥や紫外線から肌を守っているのはバリア機能です。

きれいにしようと意識して洗いすぎると、肌のバリア機能が低下してしまうので、洗顔は1日2回までにすることです。

外気の刺激からお肌を守るためにある油脂成分や、保湿成分が、洗顔のやり過ぎによって除去されてしまわないようにしましょう。